TOP > 注目商品 > 基板の放熱に最適!とにかく柔らかい放熱シート「熱ゴム」のご紹介

メディア

基板の放熱に最適!とにかく柔らかい放熱シート「熱ゴム」のご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基板の放熱に最適!とにかく柔らかい放熱シート「熱ゴム」のご紹介

 
熱ゴムは、薩摩総研株式会社が製造する熱を伝えるシリコーン系樹脂材です。
従来の放熱シートと比較しとても柔らかく、表面に凹凸がある部品により効果を発揮します。
電気・電子機器の出した熱を素早く逃がして製品の性能と信頼性を高めます。

TR_image.png

熱ゴムの実装イメージ写真です。
熱に弱い電解コンデンサーや発熱の多いドライバーにもしっかり密着します。
基盤や筐体には負荷をかけないように浮かすことも可能です。
圧縮により、最低限度の厚さにつぶすことができるので、省スペースです。

 目次

 

1、柔らかい放熱シートのメリット


さて、薩摩総研の熱ゴムは「柔らかい」とご紹介いたしましたが、
放熱シートが柔らかいと、いったいどんなメリットがあるでしょうか?
もっとも大きなメリットは「ストレスを吸収しない」ことです。






従来の放熱シートでは、温度差で大きいストレスが働き、アルミとプラスチック基板の間で剥離してしまう現象がまま起こります。
しかし熱ゴムは縦横方向に延びるため、ストレスを吸収することが可能。
アルミが左右に動いても、プラスチック基板から離型しません。

2、熱ゴムと一般的な放熱樹脂との違い

 



3、熱ゴム®の特長

もちろん、薩摩総研の熱ゴム®はただ柔らかいだけではなく、従来の放熱シートの良いところもしっかり受け継いでいます。




従来品に共通する特性


高絶縁性
絶縁タイプは10~15の高い絶縁性を誇ります。CTI=600レベルです。

CTIとは比較トラッキング指数のことで、絶縁物のトラッキングの起こりにくさを示す指標です。
この試験方法はIEC60112及びJIS C 2134(個体絶縁材料の保証及び比較トラッキング指数の測定方法)によって定められています。
100から600までの数値で評価され、数値が大きければ大きいほどトラッキング現象を起こしにくいことになります。

 

難燃性
UL V-O規格取得 グローワイヤ試験をクリアしています

グローワイヤ試験とは、所定湿度の赤熱した熱線を押し付けて、樹脂が燃えるかどうかを判定する試験で、赤熱素子や過負荷抵抗などの熱源による熱ストレスへの耐性と、着火・延焼に至る可能性を評価する指標です。

 

高熱伝導性
特殊なフィラーを均一に分散配合することにより高い熱伝導率を実現
防水・防塵性
シリコーン樹脂の特性により、高度な防水・防塵性を発揮します

これに加えて、薩摩総研の熱ゴム®には、以下の特性があります。

薩摩総研の熱ゴム独自の特性


高柔軟性
表面凹凸に密着し、発熱体から放熱(筐体)部へ素早く熱を逃がします。
高圧縮性
半分以下の厚みまで圧縮ができ、熱抵抗を大幅に低減します。
カスタム対応
お客様ニーズに合わせたカスタム対応をお受けします。
耐震動性
幅広い温度条件下で高い柔軟性を維持。電子機器を振動から守ります。

このように、薩摩総研の熱ゴム®には従来の放熱シートの特性に加えて、さらに独自の特性を持ち合わせています。
従来品では叶わなかった仕様も、熱ゴム®なら実現可能です。
また機器全体のリスクストレスを大幅に軽減するため、機器の総合信頼性を向上させることができます。

4、製品ラインナップ




高輝度LEDモジュール、インバータ/コンバータ、小型モーター、光学機器、バッテリー、ナビ、電源コイル、スイッチャーなど、多岐にわたる製品へ対応したラインナップをご用意しております。
粘着性や柔軟性、導電性や絶縁性、作業性など、それぞれ特性があり、重視する要素でもお選びいただけます。
もし最適な製品がわからない場合は、弊社の担当営業が選定のお手伝いをさせていただきますので、お問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

5、カスタム事例

TR_custam.png

  1. 熱伝導・電磁波吸収
    2W/mK以上の熱伝導率と100~200Mhz帯、600Mhz帯の電磁波吸収機能を付与したシート
  2. 熱伝導・耐摩耗性
    5W/mK以上の熱伝導率と、高荷重での圧縮運動に対する耐摩耗性・靭性を付与した材質
  3. 高熱伝導・高絶縁
    7W/mK以上の熱伝導率と、15KV/mm以上の絶縁破壊を両立した薄物シート
  4. 熱伝導・超高弾性
    1.5W/mK以上の熱伝導率と天然ゴム以上の弾性・復元性を持った樹脂材料

 

従来品ではお応えできないニーズに対しても、素材のカスタムによりお応えします。
小ロット対応、非シリコン製品もございます。

上記の作例はごく一部です。
要求に合わせて製品の開発をいたしますので、他社で叶えられない仕様であっても、まずはご相談ください。


6、採用実績


  • パワーコンディショナー:チョークコイル、トランス、IGBT.IPM基板、MOS基板と筐体の間に挟んで使用
  • 産業用電源・インバータ/コンバータ:チョークコイル、トランス、IGBT.IPM基板、MOS基板と筐体の間に挟んで使用

P1120011.JPG
P1120061.JPG
  • LED/照明機器:基盤と放熱板の間及び、LED光源と放熱板の接合部  
  • 無線通信機器:電源基板、通信モジュールと筐体間
  • モーター/ドライバー:モーター本体の放熱・制振及び、制御基板(ドライバーIC)と筐体の間に挟んで使用
  • 車載バックモニター:カメラの筐体に圧入して使用
  • エアコン・空調機器:コンプレッサーの制御基板と防水筐体の間に挟んで使用
  • カーナビ:液晶と筐体のフレーム部に挟んで使用。制振効果も。
  • アクションカメラ:筐体と基板の間に挟んで使用。制振効果も。
  • 建機:バッテリー・筐体間で使用。緩衝効果も。

P1120020.JPG
P1120071.JPG

7、関連製品

 

8、熱ゴム®のお問合せはSDSへ


薩摩総研の熱ゴム®に関するお問合せ、仕様確認、ご相談は、代理店であるSDSへお寄せください。

柔らかいといっても、どれくらい柔らかいのか?
実際に触って確かめていただけるよう、サンプルの無償提供も可能です。

仕様書PDFは下記お問合せフォームからご用命ください。
お近くの拠点の営業が対応いたします。





  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加